×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

臭いを考える:わきが(ワキガ)に関係している汗腺は二つあります。

わきが(ワキガ)に関係している汗腺は二つあるのですが、一番わきが(ワキガ)に関係している汗腺はアポクリン汗腺です。アポクリン汗腺はどこにあるのかというと、わきが(ワキガ)といえば脇です。そして脇だけでなく、アポクリン汗腺は乳輪や性器、肛門の近くの体毛が密集している部分にもあるといわれています。わきが(ワキガ)は多汗症とも関連しているといわれています。わきが(ワキガ)と多汗症に共通して言えるのはアポクリン汗で、この成分はたんぱく質や糖質、アンモニアなどによって生成されています。どちらかというとこのアポクリン汗はワキガの原因になるくらいの汗ですからさらっとしたさわやかな汗ではなく、少しべとついた汗です。わきが(ワキガ)の原因になっている汗は臭いは特にしませんが、ではなぜわきが(ワキガ)が臭うのでしょうか。それはアポクリン汗の中の成分が皮膚について、それによって細菌が分解されて強い臭いが発生してしまうのです。これがワキガの原因になります。

わきが(ワキガ)の多汗症という症状とは

わきが(ワキガ)と一緒に多汗症になってしまうと、汗が沢山出ますし、わきが(ワキガ)の臭いの範囲が広くなってしまいます。これがわきが(ワキガ)で悩んでいる人の一番の悩みではないでしょうか。汗は緊張したり悩んだりストレスがたまっていると出やすいといわれています。ですからわきが(ワキガ)に悩みすぎてまた汗をよくかくことになって、それがわきが(ワキガ)を悪化させるとも言われています。
わきが(ワキガ)に悩んでいる人は最近とても多いといわれているのですが、わきが(ワキガ)に悩んでいる人は、自分でどうしたらわきが(ワキガ)が改善されるのか、わきが(ワキガ)を軽減できるのかと考えている人も多いと思います。ただの汗の場合だったら清潔にしてればにおいを抑えることが出来ると思いますが、わきが(ワキガ)の特有の臭いというのは清潔に正しているだけでは難しいといわれています。わきが(ワキガ)は体質で片付けるのではなく、病気と考えてもいい症状です。わきが(ワキガ)に病んでいる人は緊張をしたり、人の前にでると汗が多量に出てしまうとも言われていますが、以前は男性にわきが(ワキガ)は多いといわれていましたが最近は女性でもわきが(ワキガ)の症状が増えてきました。

わきが(ワキガ)の症状の悩みを解決するには…

わきが(ワキガ)の症状に悩んでいる人は、自分ひとりで悩まずに、美容整形外科などでわきが(ワキガ)の治療を行っているクリニックなどで、カウンセリングを受けてみたり、相談をするといいと思います。クリニックなどでは無料でわきが(ワキガ)のカウンセリングをしてくれているとこともありますから一度相談してみるといいと思います。わきが(ワキガ)のカウンセリングをしてもらって、信頼できるクリニックや安心できる治療方法があれば受けてみるといいかもしれません。わきが(ワキガ)のカウンセリングの場合には、恥ずかしいかもしれませんが相手はわきが(ワキガ)治療のプロですから何でも悩みを相談してみるといいかもしれません。
わきが(ワキガ)に良い汗なんてあるのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、わきが(ワキガ)には悪い汗ばかりではありません。普段毎日かいている汗はわきが(ワキガ)と直接は関係していないエクリン汗という種類の汗です。

Copyright © 2008 ワキガの症状が辛いと感じたなら・・・